皮膚科

皮膚科診療

皮膚疾患は患者さん自身でも視ることができ、その治療効果の結果も一目瞭然になることが多いため、診療に当たる医師は幅広い皮膚疾患の最新知識と臨床研鑽はもちろんのこと、皮膚科に関連する他科の専門知識も具備している必要があります。また、急速に進む遺伝子学的病因解明や最新の治療法の開発などの皮膚科の最新知見を実地診療に役立てることも重要です。
当院では丁寧な問診ならびに視診、必要に応じて諸検査をしながら治療にあたります。治療により皮膚疾患が改善するものが多いのですが、疾患によっては難治性のものもあり、現状維持あるいは悪化防止のための治療がありますが、その際は十分なインフォームドコンセントをさせて頂きます。即ち、根拠があり、整合性のある丁寧な説明後に治療を行っていきます。ご不明点がある場合は、遠慮なくご質問して頂き、根拠があるものに関してはご説明致します。

下記のような皮膚科一般診療を行っていますので、お気軽にご相談下さい。

  1. 湿疹・皮膚炎:アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎、貨幣状湿疹、手湿疹、異汗性湿疹、脂漏性皮膚炎、皮脂欠乏性皮膚炎、ヴィダール苔癬、など
  2. 蕁麻疹・痒疹:蕁麻疹、痒疹、虫刺症、皮膚掻痒症など
  3. 角化症・炎症性角化症:扁平苔癬、汗孔角化症、乾癬、掌蹠角化症、ジベールばら色粃糠疹、魚鱗癬など
  4. 皮膚感染症:にきび、膿痂疹、丹毒、癰、せつ、化膿性汗腺炎、結核、ハンセン病、梅毒、水痘帯状疱疹、風疹、麻疹、伝染性紅斑、伝染性軟属腫、疣贅、白癬、疥癬、ツツガムシ病、ライム病など
  5. 皮膚腫瘍・母斑・母斑症:外科的切除する場合は形成外科で治療します。→(形成外科参照)
  6. 紫斑・血管炎・脈管系疾患:アナフィラクトイド紫斑、ステロイド紫斑、結節性多発動脈炎、ウェゲナー肉芽腫症、リベド、閉塞性動脈硬化症、静脈瘤、バージャー病、モンドール病など
  7. 肉芽腫症:サルコイドーシス、環状肉芽腫、肉芽腫性口唇炎など
  8. 色素異常症:肝斑、雀卵斑、老人性色素斑、刺青、白斑など
  9. その他:薬疹、脱毛症、膠原病、紅皮症、紅斑、水疱症、掌蹠膿疱症、多毛症、褥瘡、熱傷、凍傷、光線過敏症、代謝異常症など

*皮膚科一般診療は保険適応ですが、疾患の治療によっては一部自費診療になる場合がありますので、医師にご確認下さい。
*難治性皮膚疾患、診断がつけられないような皮膚疾患、入院治療が必要な場合などでは、皮膚科医の判断で然るべき医療機関にご紹介致します。
*今回、ホームページ改定に伴い、皮膚科疾患の詳細を加筆中です。未完成ではありますが、少しずつ追加していきますので、ご参照ください。

▲PageTop