単純ヘルペス

口唇ヘルペス

口唇やその周囲に小さな水疱やびらん(ただれ)が出現してくる口唇ヘルペスは、単純ヘルペス(HSV-1)が感染することが原因で生じます。
HSV-1の初感染(初めて感染した場合を云います)後、このウィルスに対する免疫を獲得して抗体産生ができるようになっても、何らかの状況により再感染(同じウィルスに再び感染した場合を云います)や再発(初感染後、体に潜んでいたウィルスが、再活性化して症状が現れる場合を云います)を繰り返すことが特徴です。大人にみられる口唇ヘルペスのほとんどは再発型で、年に数回再発を繰り返すことが多いです。
※後述内容に性器ヘルペス(HSV-2)に関する簡単な記載がありますが、別項目で詳細を記載してありますので、ご参照下さい。
 

単純ヘルペス(HSV)の伝播形式

HSVはHSV-1とHSV-2の2型に分類されます。初感染後、知覚神経節の神経細胞の核内に遺伝子の形態で潜伏し、HSV-1は顔面、特に口唇に再発し、HSV-2は下半身、特に性器に再発を繰り返します。しかし、実際は性器ヘルペス初感染の約70%はHSV-1によりますが、この場合には再発をきたすことは稀です。
HSVは主に直接あるいは間接的な接触で感染しますが、飛沫感染(くしゃみ、せき、会話などの際に飛沫dropletが放出され、すぐ近く[1m以内]にいる人の皮膚や粘膜に直接的に散布されて感染すること)でも生じます。
特にHSV-1は、水疱・びらんなどの病変部や唾液などとの接触感染(キスなどの濃厚接触)や、ウィルスに汚染された手指や器具(ウィルスで汚染された手指、グラスや食器、タオルなどは数時間感染能力があるとされています)などからも感染します。感染した場合、接触した日から3-7日で発症することが多く、このことは自分自身の患部を手指で触れて、他の部位に感染する場合にも当てはまります。例えば、角膜ヘルペス、性器ヘルペス、顔面ヘルペス、殿部ヘルペス、カポジ水痘様発疹症、ヘルペス性脳炎などがあります。
以前はほとんどのヒトが思春期頃までに家族や周囲のヒトとの接触で感染して、抗体を有していましたが、最近では核家族化や衛生状態の改善により、初感染年齢が高くなり、成人に達してもHSVの抗体保有率は45%程度です。
HSV-2は主として性行為で感染し、性の乱れや経口避妊薬の使用でコンドームを使用しなくなったことなどから、成人の初感染が増加しています。また、HSV-1に罹患していても、HSV-2に感染しますが、この場合無症状のことが多く、発症したとしても軽症です。
 

単純ヘルペス(HSV)の再発

HSVは初感染後に知覚神経節の神経細胞核中に遺伝子の形で潜伏していますが、疲労・ストレス・風邪・発熱・紫外線・胃腸障害・外傷・老化などや、免疫機能低下の状態(悪性腫瘍、抗癌剤・ステロイド剤・免疫抑制剤など)などで、潜伏ウィルスが増殖してHSV-1は主に上半身に、HSV-2は下半身に発症します。一般にHSV-2の方がHSV-1よりも再発頻度が高いのですが、同じHSV-2に感染していても月に数回再発する人と数年に1回しか再発しない人がいます。潜伏しているウィルス量によるとされていますが、その他に免疫能力やウィルスの株の差によるとの考えもあります。
また、初感染後1年以内の既感染者で、ヘルペスの症状が見られないのにウィルスのみを唾液や性器に排泄(無症候性ウィルス排泄)している場合があり、キスやセックスでパートナーにHSVを感染させることがあります。特にパートナーが全く抗体を持っていない場合は重症化することがあります。
 

口唇ヘルペスの症状

初感染あるいは再発なのかで症状の程度は多少異なりますが、一般的には下記のような症状経過をたどります。
口唇の一部にピリピリ、ムズムズ、チクチクなどの違和感、熱感などで発症することが多いようです。特に再発を繰り返すヒトはこの症状を逸早く自覚できます。
その後半日以内に、皮膚に発赤症状が出現しはじめます。その後数日以内に発赤病変内に小水疱(水ぶくれ)が多数出現します。水疱は初感染では比較的大きく、再燃を繰り返すうちに水疱は小さくなっていく傾向があります。この発赤症状から小水疱出現時期は感染力が強いので、患部を触った手指やよく洗い流し、自分の使用している食器やタオルは他のヒトとは共用しないよう注意しましょう。
その後小水疱はつぶれて瘡蓋ができて回復してきます。通常は病変部位に痕を残すことはありませんが、重症や免疫能が低下しているときは痕が残ってしまうこともありえます。稀に患部近くのリンパ節が腫脹することもあります。
 

検査

通常は臨床症状のみで判断できますが、時に帯状疱疹や毛嚢炎などとの鑑別が必要です。 検査法にはウィルス分離法、ウィルス抗原検出法、ウィルス核酸検出法、細胞診(ウィルス性巨細胞を確認する方法)などがありますが、詳細は割愛します。近年、エンベロープの糖蛋白のgGでは型特異性が見られ、この抗体を測定することで、患者の感染しているHSVの型判定が血清で出来ます。
 

治療

原則的には、抗ウィルス薬の全身投与が基本です。
軽症の場合、抗ヘルペス外用薬(アシクロビル、ビダラビン)で塗布する場合もありますが、近年、抗ウィルス薬外用薬の使用に対し、耐性ウィルスの出現を増加させるおそれがあると米国のFDAでは警告しています。初感染や軽・中等症の場合には、抗ヘルペス薬(アシクロビル、バラシクロビル)の内服を行います。また、再発頻度が少なく、誘因や再発の予兆が明らかな患者さんは、予め抗ウィルス薬を手元に持っておき、再燃しそうなときにのみに内服すると再発を免れることが出来ます。
重症例や免疫不全者では抗ヘルペス薬(アシクロビル、ビダラビン)の点滴静注を行います。細菌の二次感染を伴う場合は、抗生物質の全身投与または外用を行うこともあります。
現在、発売されている抗ウィルス薬はウィルスの増殖を抑制するだけで、神経の中に潜伏しているウィルスDNAには効果がありません。
 

注意すべきヒトとの接触

症状が出現している時期はウィルス量が多く感染させやすいので、下記のようなヒトとの接触は控えましょう。
1)新生児:免疫能が未発達のため、感染すると重症になりやすいので、赤ちゃんとの接触は控えましょう。尚、母親が既に抗体を持っている場合は、抗体が胎盤を通じて新生児に入るのでそれほど重症化しません。
2)抗体を持っていないパートナー:オーラルセックスで相手に性器ヘルペスを発症させる可能性があり、重症化することがあるので注意が必要です。
3)アトピー性皮膚炎患者:皮膚バリアの機能不全があるため、皮膚に感染すると容易に感染して重症化しやすい(カポジ水痘様発疹症など)ので、気をつけましょう。
4)免疫能が低下しているヒト:白血病、悪性腫瘍、移植手術後などの患者さんは免疫能が低下しているので、お見舞いや接触は控えましょう。
 

日常生活上の注意点

精神的・肉体的ストレスなどが引き金になって、免疫能が低下して再発することが多いので、バランスのよい食事と生活のリズムを整えて、無理をしないで心身のストレスを回避するように注意を払いましょう。
自分自身の手指などで患部に触れて、その手で他部位に感染させてしまう可能性があるので、むやみにウィルスで汚染された手指で触らないように注意しましょう。患部に触れた後や外用薬を塗布した後は、必ずきれいに手を洗いましょう。
特に、眼に感染して角膜ヘルペスを発症させると、失明する危険性があるので十分注意して下さい。患部に触れた手指で目を擦らないことや、コンタクトレンズを唾液で濡らして装用しないことを守って下さい。
ウィルスが付着した食器やタオルなどからも感染しうるので、これらの共用は避けるようにして下さい。食器についた唾液の中にウィルスが長時間生存しているので、食器は洗剤できちんと洗いましょう。また、タオルなどは他の洗濯物と一緒に洗って構いませんが、日光によく当てて乾燥させましょう。
 

ヘルペス性ひょう疽

本症は、手指先端に単純ヘルペスウィルスが接種されて発症します。利き腕の示指に好発し、足趾に生じることはありません。一般的には初感染で生じますが、再発することは少ないとされます。
手荒れやささくれのある人、指しゃぶりをする乳児、口唇ヘルペス患者を素手で処置して感染した歯科医や医療従事者などに多い。
指尖部や爪周囲に紅斑・腫脹を生じ、その後小水疱が多発し、自発痛が強い。また、症状は2-6週間と長く続くことが多いです。
外用薬は無効で、経口抗ウィルス薬内服する必要です。

執筆:2011.1

▲PageTop

ページトップに戻る