脂漏性皮膚炎

この疾患には、生後2-3週間頃から出現して4-8ヶ月には自然消退していく乳児型と、思春期以降に出現して長期間持続する成人型があります。性別では男性の方が多く発生(男女比は約2:1)します。

乳児型の場合は、皮膚から皮脂分泌が一過性に異常亢進しているために症状が出現しますが、その亢進が治まれば症状は消失します。症状がある間は亜鉛華軟膏などを病変部位への外用のみで多くの場合症状が改善します。

これに対し、成人型では皮脂腺の最も活発時期である思春期以降にこの疾患が出現するため、皮脂腺の異常亢進のみが原因で生じているとは考えられません。

皮膚から皮脂腺からの皮脂分泌が亢進している状態を脂漏といいますが、これが素地となり、そこにリパーゼ活性の高いカビ(皮膚の常在真菌であるマラセチア真菌=癜風菌)が増加して皮脂を脂肪酸に分解します。この遊離脂肪酸あるいは過酸化脂質などが皮膚を刺激して炎症を引き起こし、脂漏性皮膚炎が生じると最近では考えられています。この他にも低温や低湿度、紫外線などによっても症状が増悪し、パーキンソン病や顔面神経麻痺などの神経系疾患にもしばしば合併し、AIDS患者では高率に合併することが認められますが、脂漏性皮膚炎の原因は未だ必ずしも明確に確定されてはいません。
症状は皮膚表面が脂性で、黄白色細かい粉をふいたような皮疹で、境界は比較的明瞭な紅斑です。皮脂分泌の多い脂漏部位(頭部、眉間、外鼻周囲、前胸部正中、耳介周囲、腋窩鼠径部など)に症状が出現しやすいです。掻痒は比較的少ないですが、時に異常な痒みを訴える人もいます。

フケ症は体質的に皮脂分泌過多の人に多く、その大部分は本症の軽症型あるいは先行症状とされ、徐々に紅斑、鱗屑などの症状が増加して本症を生じると考えられます。
検査:本症の原因不明のであるため、現時点では臨床症状をもとに診断することが多いが、時にマラセチア真菌検査をすることもあります。

治療

本症は軽快増悪を繰り返しながら長期間持続するため、根気強く治療する必要があります。 外用ステロイド剤で症状が目立つ部位に塗布を開始し、炎症が落ち着き改善してきたら、外用抗真菌剤を塗布して維持します。ステロイド剤は外用により症状を速やかに改善しますが使用中止後の再燃が早く、また長期連用による皮膚萎縮やステロイド酒さが問題になることがあるので、短期間外用が薦められます。また、抗真菌剤外用はステロイド外用に比較して再発までの期間が長いとされているため、かぶれない限りは長期外用に適しています。掻痒が強いときには抗アレルギー剤を使用し、ビタミンB2&B6&B7などの内服による予防的効果を期待することもあります。時に漢方薬(黄連解毒湯、荊芥連翹湯など)を併用して効果がある場合もあります。

日常生活指導

余分な皮脂が酸化して症状を悪化させるので、顔面や頭部などの脂漏部位は皮脂を丁寧に洗い流し(2回/日)、その他の脂漏部位も入浴してきれいにしてから外用剤を使用します。頭皮用抗真菌薬配合シャンプー(硝酸ミコナゾール配合)も比較的効果的です。

また、食事の偏りをなくし香辛料を控え、ストレスや不規則な生活を回避して、生活のリズムを整えて睡眠不足にならないよう十分配慮することが肝要です。

乳児脂漏性皮膚炎

本症は、生後まもなくから2ヶ月頃までの皮脂腺が活発な時期に、主に顔面・頭部などの脂漏部位に、黄白色の鱗屑・痂皮を付着する毛孔一致性丘疹と紅斑性局面を呈し、新生児の1/3が経験するほど頻度の高い予後良好な疾患です。時に、頚・腋窩・肘窩・膝窩などの間擦部位にも生じます。概して掻痒は軽度のことが多いです。
適切な処置と治療により2-3ヶ月で軽快するのがほとんどですが、アトピー性皮膚炎の頭部症状と類似しているため、鑑別が難しいことがあります。

治療

入浴30分前に、乳痂 (黄色く厚い痂皮)が付着している頭皮にオリーブ油やベビーオイルを塗布して十分患部を浸軟させてから、石鹸などで軽く撫でるようにして、無理せず取れる病変を除去します。入浴後、丁寧にガーゼで水分を拭き取ってから、赤みの強い部位に弱いステロイド外用を行います。

執筆:2009.11

▲PageTop

ページトップに戻る