脂腺増殖症

脂腺増殖症 (sebaceus hyperplasia)

本症は、中高年の男性の顔面(額、頬、外鼻など)に好発する、直径2-10mm大の白色~黄色調の丘疹または小結節で、表面は平滑で、中心部が臍のように多少凹んでいるのが特徴です。ありふれた疾患で65歳以上の男性の約10%に認められ、単発することもありますが、多発することが多いです。原因不明ですが、加齢による変化や免疫不全との関連が指摘されています。 若年者に生ずる場合は、脂腺の増殖を促す男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌異常や免疫不全、家族発生の有無についてチェックする必要があります。また、Muir-Torre syndromeに合併することがあるので、注意が必要です。

病理所見

病変中心の嚢胞状の毛包漏斗部の周囲で過形成性の脂腺小葉がブドウの房状に増殖しています。

治療

悪性変化することはないので放置して構いませんが、整容的な希望により治療が行われます。炭酸ガスレーザー、外科的切除、冷凍凝固術などが行われます。

執筆:2012.11

▲PageTop

ページトップに戻る