石化耳

石化耳 (Petrified ear)

本症は耳介軟骨の石灰化あるいは骨化により、耳介の一部分、あるいは全体が硬化する疾患ですが、皮膚に異常なく、また耳介の形態的異常も認めません。通常、自覚症状はありませんが、患耳を下にして寝ると違和感を生じることがあります。 中高年の男性に圧倒的に多く、原因に関しては、局所的な炎症(凍傷、寒冷刺激、虫刺され、軟骨炎、日光刺激など)、放射線照射、物理的な外傷、全身性疾患(Adison病、下垂体機能低下症、先端巨大症、甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能亢進症、糖尿病など)が挙げられます。特に本症は内分泌疾患のデルマドロームの一つとして捉えられています。

診断

臨床症状とX線と生検により、耳介軟膏の石灰化もしくは骨化を証明します。

治療

特に治療はせず、経過観察することが多いです。

執筆:2012.10

▲PageTop

ページトップに戻る