ジベル薔薇色粃糠疹(ジベルばらいろひこうしん)

主に若年者(10-30歳代)にみられる、細かいフケが発疹に付着した状態(粃糠疹)の炎症性角化症です。臨床的には類円形の淡紅斑(初発疹)が躯幹のどこかに出現していますが自覚症状が無いことも多いため見逃されやすい。その後1-2週間を経て米粒大から貨幣大程度の淡紅斑が、顔面や手足の除く躯幹や四肢に多発してきます。典型例では背部のしわの方向に沿って出現するため、クリスマスツリー様にみえます。多くは掻痒が無いかあっても軽微で、全身症状を伴わずに1-2ヶ月で消退し、粃糠疹も最終的には跡を残さずに治ります。

原因

古くから一時的且つ局地的な発生が知られているため、本症の原因にウィルス原因説(ヘルペスウィルス6&7、エンテロウィルスなど)が唱えられていますが、確定的な結論には未だ至っていません。また、一度本症に罹ると同じヒトに再発することはほとんどありませんし、他人へ感染性はごく弱いか、あるいは感染しても発病することは稀だと考えられています。

治療

本症はそもそも自然消退傾向があり、重篤な全身症状を伴うことも稀であるので、治療は対症療法にとどまることが多く、皮疹に対してはステロイド外用、掻痒がある場合は抗アレルギー薬内服などを行います。

執筆:2010.1

▲PageTop

ページトップに戻る