軟鶏眼

軟鶏眼 (soft corn, Heloma molle)

本症は、隣接する足趾の接触による圧迫や摩擦で生じる、趾間部の鶏眼です。内反小趾などの関節変形により生じることが多く、第4足趾外側ならびに接触する第5足趾内側に生じることが多いです。悪化すると皮膚潰瘍を形成して、二次感染も生じることがあります。
糖尿病、末梢動脈疾患、血液透析されている慢性腎不全などの基礎疾患があると、皮膚潰瘍を形成する危険度が高くなります。

治療

趾間部にスポンジなどのクッション材を挿入して、保存的に除圧することが重要です。

執筆:2012.12

▲PageTop

ページトップに戻る