乳幼児踵石灰沈着症

乳幼児踵石灰沈着症 (Infantile calcinosis of the heel)

本症は、乳児の踵に生じる皮膚石灰沈着症で、単発あるいは多発性で、平均3mm程度の淡黄色~白色の小結節です。生後4-12か月ごろに生じ、徐々に増大して18-30か月程度で自然に経表皮排出されることが多く、通常自覚症状はありません。明らかな男女差を認めず、多発性では早産児が多いです。
本症では、血液学的検査や生化学的検査に異常無く、外的刺激(主として、新生児期の踵採血)が誘因となる栄養障害性石灰沈着症と考えられています。

執筆:2012.8

▲PageTop

ページトップに戻る