軟性下疳

軟性下疳(chancroid)

本症は、性行為によって軟性下疳菌 (Haemophilus ducreyi) が感染することによって発症します。グラム陰性桿菌で、Unna-Pappenheim 染色によく染まる。熱帯や亜熱帯地方の発展途上国では頻度が高いが、日本では、海外に出かけた人が持ち込んでくることが多いとされ、国内で感染することはほとんどないとされています。
感染から2~3日後に、冠状溝・包皮・陰唇・膣口などに紅色丘疹を認め、まもなく膿疱化したり潰瘍となります。時に口腔へ感染することもあります。潰瘍は疼痛を伴い中心に膿苔があり、触れると軟らかい。病変は初期には1か所ですが、自家接種による多発や急速な病変拡大があります。発症して2~3週間後に、25~60%の患者において有痛性、片側性の鼠径リンパ節腫脹〔有痛性横痃(bubo dolenter)〕を認めます。
診断は臨床症状から判断できます。伊東反応(軟性下疳菌ワクチンを用いて皮内反応を行う)が従来用いられていたが、近年は行われていません。
本症の治療は数種類の抗生物質が有効です。セフトリアキソンの注射による単回投与は有効ですが、アジスロマイシンの単回経口投与、シプロフロキサシンの経口投与を3日間、エリスロマイシンの経口投与を7日間なども効果があります。大部分の菌株はテトラサイクリン、アモキシシリン、ST合剤などには耐性となっています。
軟性下疳に感染している場合、他のSTD(特にHIV)にも注意が必要です。

執筆:2011.5

▲PageTop

ページトップに戻る