毛包腺腫

毛包腺腫(trichoadenoma)

本症は緩徐に増大する毛包腫と毛包上皮腫の間の分化を示す過誤腫で、稀な良性腫瘍です。
毛包は腺組織ではないので、本来は毛包腺腫という用語は適切ではないと思われます。
直径1.5cm以下の単発性で自覚症状の無い弾性硬の結節で、顔面や臀部に好発します。成人に認められますが、男女差はありません。

病理所見

左右対称性の境界明瞭な真皮内腫瘍で、被覆表皮は正常です。腫瘍は多数の毛包漏斗部様角化嚢腫と線維血管性の間質で構成されており、嚢腫壁は毛包漏斗部の重層扁平上皮で被覆され、顆粒層を伴う角化があります。毛包漏斗部嚢腫様構造のいくつかは、円柱状の毛包漏斗部様上皮索でつながっています。

治療

外科的切除を行います。

執筆:2012.6

▲PageTop

ページトップに戻る