壊血病

壊血病(scurvy)

本症はビタミンC(アスコルビン酸)の欠乏によって生じる疾患です。
ビタミンCは体内の蛋白質を構成するアミノ酸の1つであるヒドロキシプロリンの合成に必須であるため、これが欠乏すると組織間質を構築するコラーゲン合成が低下し、血管壁、象牙質、骨の間充組織の生合成と保持に障害を受けて、症状が出現します。特に出血傾向、毛孔中心性の紫斑、歯肉出血、関節内出血などが目立ちますが、倦怠感などの全身症状や易骨折を伴うこともあります。また、成人と乳幼児では多少症状が異なります。

成人の症状

脱力や体重減少・鈍痛に加え、下記のような症状を見られます。

  1. 皮膚や粘膜、歯肉の出血およびそれに伴う歯の脱落、変化
  2. 創傷治癒の遅れ
  3. 低色素性の貧血
  4. 感染への抵抗力の減少
  5. 古傷が開く

但し、これらの症状は3-12か月に及ぶ長期・高度のビタミンC欠乏(体内のビタミンCの蓄積総量が300 mg以下)でないと生じません。

乳幼児の症状

特に生後6-12か月の間に発生し、メレル・バロウ病(Barlow's disease、Moeller's disease)とも呼ばれます。症状として下記のようなものが挙げられます。

  1. 軟骨や骨境界部での出血、血腫
  2. 骨組織の形成不全
  3. 骨折や骨の変形
  4. 出血や壊死
  5. 歯の発生障害

治療

ビタミンC の補充によって速やかに回復します。
成人のビタミンCの必要摂取量は1日に100mg程度とされていますが、妊婦や授乳期の女性ではもっと多く必要となります。また、人口栄養の乳児では不足することがあります。

執筆:2011.7

▲PageTop

ページトップに戻る