鶏眼・胼胝

鶏眼(けいがん)(俗称:ウオノメ)と胼胝(べんち)(俗称:タコ)

鶏眼は、通常大人の足底や足趾(ゆび)などにできる直径5~7mm程の硬い皮膚病変で、歩行や圧迫により激しい痛みを伴うのが特徴です。中心に魚や鶏の眼のような芯が見えるので俗にウオノメと呼ばれています。何らかの理由で、一定部位に繰り返し異常な圧迫刺激が加わると、角質が厚く芯のようになり、真皮に向かって楔状に食い込んだ角質の芯が神経を圧迫して痛みを生じます。

胼胝(俗語ではタコ)も同様に、どこかの皮膚の一部が慢性の刺激を受けて角質層が厚くなりますが、鶏眼と異なり、刺激を受けた部位全体の皮膚が少し黄色味を帯びて厚く硬くなって盛り上がり、痛みの無いことが多く、むしろ厚くなった角質のために感覚が鈍くなっていることもあります。胼胝は足底以外にも、生活習慣や職業やその人の癖などにより、身体の様々な部位に生じます。(例えば、ペンダコ、座りダコ、子供の吸いダコなど)。

鶏眼や胼胝の原因である「特定の皮膚部位への慢性刺激」は、不適合な靴の装用、長時間の歩行、足の変形(扁平足、開帳足、凹足など)、歩き方の異常(股関節異常、膝関節異常、脳血管障害による歩行障害など)、軟部組織の少ない骨や関節部位などに生じます。このような圧迫因子を見つけて、可能な限り除去することが予防と治療にとって最も重要です。圧迫の原因が除去されない限り、治療を続けても治らないばかりでなく、一度治っても再発するからです。しかし、原因がわかっても実際には除去できない場合も多く、その場合は角質軟化剤や保湿剤などを用いたスキンケア)やパッドなどを用いて、なるべく局所の刺激を少なくするような工夫も必要です。

治療

鶏眼の場合、歩行時の激しい痛みをとる必要があるため、楔状に食い込んだ角質を除去することが必要です。最も一般的に行われる方法は、鶏眼の大きさに合わせて切ったスピール膏を数日間貼って角質を軟らかくした後に、中心部の「芯」の部分だけをメスやハサミなどで切除します。疼痛軽減や再発予防のために、ドーナツ型パッドなどを用いて圧迫除去を行うこともあります。また、イボの治療の時のように電気焼灼法や冷凍凝固療法を行うこともあります。メスによる外科的切除は、その後に生じる瘢痕の痛みの方が鶏眼の痛みよりも強いことがあるため、症例を選んで慎重に行うことが重要です。また、歩行異常や骨の異常の可能性がある場合は、整形外科的診察や治療が必要です。

胼胝については、硬くなった角質を軟膏などで軟らかくしたり、スピール膏やハサミやメスなどを用いて適宜除去したりします。また足底粉瘤などの皮下腫瘍の影響で表面の皮膚にタコができていることがあり、このような場合は原因である腫瘍の治療で改善します。

尚、胼胝に痛みや赤みを伴う場合は細菌感染を起こしている可能性がありますので、特に糖尿病の患者さんでは重症化し易いので要注意です。

執筆:2010.2

▲PageTop

ページトップに戻る