肛門垂

肛門垂 (infantile Perianal Pyramidal Protrusion)

本症は、生下時から乳幼児の肛門部12時方向(稀に6時方向)に、舌の尖端様あるいはピラミッド様の小突起で、女児に圧倒的に多いです。表面は平滑で淡紅色~紅色、幼少児では表面がオムツ皮膚炎となって発赤・腫脹していることがあります。

原因

明らかな原因は特定されていませんが、遺伝的素因(尿生殖中隔の遺残)説、後天性発症(便秘)説、硬化性萎縮性苔癬説などが挙げられています。

治療

炎症症状があれば消炎外用薬で保存的治療をしていると、6-10歳頃には自然消褪することが多いです。便秘があれば適切な処置で改善させる事も重要です。

執筆:2013.7

▲PageTop

ページトップに戻る