環状肉芽腫

環状肉芽腫(granuloma annulare)

本症は原因不明の肉芽腫性疾患で、辺縁が堤防状に隆起した環状を呈する定型疹で、その臨床を呈さない非定型疹に分類されます。非定型疹には、丘疹型、局面型、皮下型、穿孔型、紅斑型、巨大型などがあります。 皮疹の分布から、限局型と汎発型に分類され、後者は皮疹が比較的広範囲に分布して、一つの解剖学的部位に限局しないものと定義されています。通常、10歳以下と50歳以上の2峰性に発症することが多く、男女差はありません。限局型では約半数が2年以内に皮疹が消褪しているのに対し、汎発型では自然消褪は稀で、一般的には難治です。また、小児例では成人例に比較して自然消褪しやすいとされます。

病因

発症機序は未だ解明されていませんが、特に本症の20-50%に糖尿病を合併することが知られています。この他にも、末梢循環障害、虫刺症、紫外線、外傷などが誘因になると考えられています。また、B型肝炎やHIVなどの感染症から発症するとの報告もあります。

病理所見

中央に変性した膠原線維を入れ、その周囲に組織球やリンパ球、巨細胞放射線状に取り囲む棚状肉芽腫 (palisading granuloma) になります。中央の不完全壊死した部位には酸性ムコ多糖が沈着します。

治療

ステロイド外用、トラニラスト内服、塩酸ミノサイクリン内服、PUVA療法、ヨードカリ、シクロスポリン、DDS内服などが試されています。糖尿病を合併している場合はその治療が重要です。

執筆:2013.8

▲PageTop

ページトップに戻る