後天性被角線維腫

後天性被角線維腫 (acquired fibrokeratoma)

本症は指趾背側を好発部位とする、正常色で弾性硬で表面には角化がみられ、ドーム状あるいは円筒状に突起した良性の後天性小結節です。指趾のほかにも、足底、膝蓋、手掌などにも発生します。

原因

外傷や慢性的な外的刺激が関与すると推測されていますが、本邦ではむしろ少なく、原因は不明です。

病理所見

表皮の著明な過角化を伴う肥厚と、真皮膠原線維の増生が特徴です。以下、3型に分類されます。
Type I:ドーム状で真皮膠原線維が不規則あるいは結節の長軸方向に配列し、正常組織と類似する構造を呈する。
Type II:指状に突出し、真皮膠原線維は結節長軸方向に並び、線維芽細胞や血管増生する。
Type III:扁平半球状で真皮の成分が乏しい。
また、抗XIIIa因子抗体陽性細胞が存在します。

鑑別診断

皮角、Konen腫瘍、尋常性疣贅、瘢痕的多指症などが挙げられます。

治療

外科的摘出を行います。

執筆:2012.5

▲PageTop

ページトップに戻る