Spindle cell lipoma

Spindle cell lipoma(紡錘形細胞性脂肪腫)

本症は中高年男性の頸部・項部から背部・肩に好発する皮下脂肪腫の亜型で、比較的稀な原因不明の腫瘍です。緩徐に増大してきますが、自覚症状に乏しいことが多いです。

病理組織所見

成熟脂肪細胞、紡錘形細胞、膠原線維束、粘液性間質、肥満細胞等から構成されています。
紡錘形細胞はCD34陽性です。細胞遺伝学的分析では、染色体16qあるいは13qに欠失をと認めることが多いです。

本症は構成成分の割合によって下記のような亜型があります。
・Low-fat variant:
・Fat-free variant:
・Fibrous variant:
・Myxoid variant:
・Vasucular variant:
・Angiomatous variant:
・Pseudovasucular variant:

MRI、針生検では補助的診断はできますが、確定診断は困難です。

鑑別診断

・脂肪肉腫
・線維性腫瘍(schwannoma, neurofibroma, angiolipoma, dermatofibrosarcoma protuberans, solitary fibrous tumorなど)
・粘液性腫瘍(myxoid liposarcoma, myxoid fibrosarcoma, myxoid neurofibroma, myxoma,など)

治療

外科的完全切除すれば予後は良好です。

執筆:2016.7

▲PageTop

ページトップに戻る