Hermansky-Pudlak Syndrome

本症候群は、眼白皮症、血小板機能異常による出血傾向、リソソーム機能異常によるセロイドリボフスチン( ceroid lipofuscin) 異常沈着をきたす、稀な常染色体劣性遺伝疾患です。 本症の遺伝子変異は第10染色体長腕(10q2)に座位し、リソソーム機能異常が本症の原因と考えられています。HPS1, AP3B1, HPS3, HPS4, HPS5, HPS6, DTNBP1, BLOC1S3遺伝子が本症に関与していると考えられており、原因遺伝子に基づいて病型分類(HPS1~8)されています。

症状

皮膚や毛髪の色素減少、特徴的な眼症状(灰青色の眼、羞明、視力低下、眼振、斜視など)、出血傾向(鼻出血,歯肉出血、紫斑など)を認めます。
本症ではセロイドリボフスチンが肺、腸管、腎臓、心臓などに異常集積して、肺線維症、腎不全、肉芽腫性大腸炎などを生じて、その機能低下を起こします。最も多い合併症は肺線維症で、典型的には40-50歳頃に出現して致命傷となります。
皮膚の色素細胞の数は正常ですが、メサノソーム産生は減弱しています。
また、血小板内に存在する顆粒が減少しています。

診断

上記の臨床所見と血小板内の顆粒減少で診断できます。遺伝子診断は研究用としては可能ですが、その臨床的利用は限定的です。

治療

根治治療法はありません。 慢性出血にはビタミンEやバゾプレッシン誘導体(dDAVP)を使用することがあります。
肺線維症の進行をチェックするために、肺機能検査などによる定期健診が必要です。また、肺手術をすると術後肺合併症を生じやすいので注意が必要です。
本症で手術をする場合(特に眼手術)は全身麻酔で行うことが望ましく、出血傾向があるために術前、術中、術後の厳格な管理が必要となります。デスモプレッシンを術前から投与したり、術後に血漿交換療法も考慮する必要もあります。

予後

本症の合併症によって30-50歳程度で死亡します。約50%が肺線維症で、約15%が出血関連で、約15%が肉芽腫性大腸炎で死亡します。

*日本人の眼皮膚白皮症(oculocutaneous albinism, OCA) の約10%がHPSであることが報告されています。

執筆:2011.5

▲PageTop

ページトップに戻る