黄菌毛

本症は、腋毛または恥毛周囲の毛幹に黄色・黒色または帯赤色物質が固着する疾患です。原因はコリネバクテリウムCorynebacterium tenuis(またはノカルジアNocardia tenuis)の表在性細菌感染で、青年に好発し、多汗症や不衛生な人にしばしば再発します。これは通常は非対称性で温帯地方や熱帯地方で発現し、性特異性はなく、特定の人種に限定されません。また、感染力は通常は極めて低く、他人に感染することはほとんどありません。局部の皮膚の清潔を保ち、剃毛して石鹸で洗い、テトラサイクリン系の外用や2%サリチル酸アルコールなどを用いると容易に完治します。

執筆:2011.1

▲PageTop

ページトップに戻る