形成外科手術:眼瞼下垂

眼瞼下垂

眼瞼下垂症には先天性と後天性のものがあります。
先天性眼瞼下垂症の大部分は、神経・筋単位の欠損により、上眼瞼挙筋の機能が低下あるいは消失して十分な開瞼ができません。時に、上眼瞼内にある異常に発達した横走靭帯があるために開瞼出来ない場合もあります。放置すると視力低下の原因となるために、幼児期での手術が必要です。治療は前頭筋と上眼瞼の瞼板を大腿筋膜張筋腱で繋ぐ方法などがあります。全身麻酔による手術が必要なため、然るべき専門病院にご紹介致します。
後天性眼瞼下垂症の大部分は、眼瞼挙筋と瞼板を結ぶ挙筋腱膜が伸展・菲薄化したり、瞼板から外れたりする腱膜性眼瞼下垂症です。これは長年月の瞬目を繰り返してきた老人に多く、加えて上眼瞼皮膚や眼輪筋の弛緩によっても下垂症が生じるため、老人では両者が複合している場合もあります。一方、若年者でもコンタクトレンズの長期装用(約10年以上)や花粉症などで常に眼瞼を擦る癖のある場合には、挙筋腱膜が外れやすくなって同様の下垂症状になります。眼瞼下垂症になると、視力は正常であっても上方視野障害を招き、症状が進行すると、肩凝り・頭痛・眩暈・吐き気などの付随症状を認めます。
手術は上眼瞼の皮膚切開後、挙筋腱膜を瞼板に固定し直し、眼窩隔膜の一部を皮膚に縫合し、必要に応じて余剰皮膚を切除します。入院の必要は無く、手術時間は90分前後要し、抜糸は5~6日で行います。また、術後の腫れも2~3か月あります。術後は視野が開けて、付随症状が劇的に改善し、穏やかな顔の表情になることが多いです。

後天性眼瞼下垂症(保険適応)

眼瞼下垂症の分類
出世時に症状を認める先天性と、出生後に現れる後天性に分類されます。また障害部位は以下に区分されています。
1. 眼瞼挙筋の麻痺
2. 眼瞼挙筋の発育不全、筋炎
3. 眼瞼挙筋と眼瞼との付着部弛緩、剥離
4. 眼瞼皮膚変形、緊張低下
先天性は眼瞼挙筋発育不全によることが多く、後天性は上記すべてが原因になります。
先天性眼瞼下垂症は放置すると視力低下の原因となるために、幼児期での手術が必要です。
後天性の中では、主に加齢による眼瞼皮膚のたるみ、眼瞼挙筋付着部弛緩、剥離、が原因となる前述した老人性眼瞼下垂症が最も頻度が高く、その他では、コンタクトレンズ長期使用、痒みなどのため習慣的に瞼を強くこする、などが要因となって眼瞼挙筋付着部が薄く伸展、剥離されて発症することが指摘されています。
眼瞼下垂の詳しい説明は眼瞼下垂ドットコムをご覧ください。

▲PageTop

ページトップに戻る