品川シーサイド皮膚・形成外科クリニック

 ご予約はこちら 

main_title
特に力を入れている疾患
その他取り扱い疾患
眼瞼下垂はどんな病気か?
原因は何か?
特に力を入れている疾患
眼瞼下垂症 | 黒子(ほくろ) | 耳介変形 | 腋臭(わきが)手術 |

*形成外科一般診療は保険適応ですが、疾患の治療によっては一部自費診療になる場合がありますので、担当医師にご確認下さい。
上へ
その他取り扱い疾患
睫毛内反|良性皮膚腫瘍・皮下腫瘍|母斑症|瘢痕(キズあと)・瘢痕拘縮(キズあとのひきつれ)|肥厚性瘢痕・ケロイド|陥入爪・巻き爪|疣贅(いぼ)・鶏眼(魚の目)|陥没乳頭|口唇・口蓋裂後の二次変形|包茎
上へ
眼瞼下垂はどんな病気か?
まぶたが上がりにくい(眼が十分開きにくい)状態です。
上へ
原因は何か?
まぶたを上げるのは、眼瞼挙筋(がんけんきょきん)という筋肉です。
その筋肉を動かすのは動眼(どうがん)神経という神経です。
この筋肉または神経の異常で眼瞼下垂が起こります。
これら以外で眼が開きにくい状態を偽眼瞼下垂(ぎがんけんかすい)といい、まぶたの皮膚の弛緩(しかん)(たるみ)、病的な眼球の縮小(先天性小眼球)・萎縮(いしゅく)(眼球癆(がんきゅうろう):失明した眼球が小さくなった状態)などで起こります。
上へ

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ

MENU
 皮膚科
 形成外科
 美容皮膚科
 美容外科
 その他(ED,プロペシア,ピアスなど)
 医院紹介

Shinagawa Seaside Skin Care Clinic All Rights Reserved.