ラディエイジ

ラディエイジ(ペレヴェ®)とは?

ラディエイジ

ラディエイジ(ペレヴェ®)は、高周波ラジオ波(4.0MHz)を用いて、しわ・たるみを改善する最新の治療法です。

痛みを伴わず、非侵襲性にもかかわらず、この高周波ラジオ波が真皮や皮下組織のコラーゲン線維に作用してお肌を引き締めて、顔面や頚などのしわ・たるみを目立たなくします。

治療原理

しわやたるみの原因の一つに、真皮層のコラーゲンの減少や配列の乱れや断裂が関与していると言われています。ラディエイジ(ペレヴェ®)は高周波ラジオ波(4.0MHz)エネルギーを皮膚深層にまで到達させて、コラーゲン新生を促進・活性化させることで顔面・頚の皮膚の張りを戻すことで、しわ・たるみを改善します。

ラディエイジ(ペレヴェ®)は2種類の効果で比較的長期間効果を発揮します。

第1段階:

即時的引き締め効果 施術直後から、ラディエイジ(ペレヴェ®)の高周波ラジオ波のエネルギー熱が真皮内のコラーゲン線維を蛋白変性させて皮膚が収縮します。この効果は即時的で数日間持続しますが、その後効果は一旦減衰してきます。

第2段階:

長期的引き締め効果 施術後1週間前後から、蛋白変性を起こしたコラーゲン線維が徐々に修復されていく過程(創傷治癒過程)になり、コラーゲンやエラスチンが新生・再配列し、微小血流・リンパ流も再生・増加して新陳代謝が亢進し、皮膚のたるみがゆっくりと改善されて若返ります。この持続効果は最大6ヶ月程度ですが、個人差があります。

特徴

長所

・疼痛が無いため、無麻酔で施術が出来る
・皮膚切開をしないので傷跡が生じない
・施術後すぐに効果を実感できる
・眼瞼周囲にも施術が可能

短所

・軽度熱傷の可能性がある
・若干の赤みや腫脹が出現することがある
・効果に個人差がある

※東洋人の場合、皮下組織の結合織密度が高く、筋膜にしっかりと固定しているので、真皮層のコラーゲン線維が収縮しても、引き締め効果が少ない可能性があります。

治療適応症例

・眼瞼周囲の皮膚のしわ、たるみ (皮膚の引き締め効果)
※現在、顔面全体や頸部の皮膚への施術は行っていません。しわ・たるみはHIFU(高密度焦点式超音波治療法)による施術をお勧めします

※痛みを伴う治療(手術、サーマクールなどの痛みを伴うたるみ引き締め機器、注射など)を望まない方にはお勧めです。

治療禁忌の方

・妊娠されている方
・心疾患やペースメーカーあるいは埋め込み式除細動器をご使用の方
・治療部位に金属プレートやワイヤー、金の糸、シリコンやスレッドなどが埋入されている方、および分解しないフ ィラーを注入されている方
・出血性疾患・創傷治癒障害、ケロイド体質のある方
・治療部位に感染・疾患(悪性腫瘍なども含む)などがあり、この治療を医師が適当でないと判断された方

※歯インプラントは施術の問題はありません。

治療間隔

1回目の施術から3-4週間後に2回目の施術を行うことになります。

その後は、お肌の張りを維持するために、定期的に施術することをお勧めします。

施術の手順

[手順1]

医師とカウンセリングを行い、ラディエイジ(ペレヴェ®)による治療に関しての説明を受けて、十分納得して頂いてから施術を行います。また、施術中の熱感は重要な指標になるので、あらかじめ、手などで施術前に実感して頂きます。

[手順2]

クレンジング・洗顔をして、患部の汚れと油脂を落とします。
アクセサリー、時計、携帯電話、お金などの金属類は体から全てはずして下さい。

[手順3]

処置台に横たわり、対極板を体の一部に密着させます。
患部にジェルを塗布してから、ハンドピースを患部に当てて一定の圧力とスピードで動かします。
施術にあたり、熱感覚(暖かい、ぽかぽかする、熱い感覚など)を聞きながら出力設定を行いますので、ご協力下さい。目安として、ぬるま湯に浸かっている感覚がほぼ適正な出力です。
(効果を期待して、熱い感覚を我慢して施術していると、時に熱傷の原因になりますので、絶対に無理をしないで下さい) 顔面の場合、弛みが目立つ靭帯に沿って施術を行います。

[手順4]

施術直後は施術部位に発赤と腫脹が多少出現しますが、アイスパックなどで冷却して、症状が落ち着いてから、洗顔してお化粧をしてお帰り頂きます。

※稀に腫脹や発赤が翌日まで残る場合は、翌日再診をして下さい。
※施術当日から日常生活に支障はありませんが、熱い風呂や激しい運動、飲酒は控えて下さい。

▲PageTop

ページトップに戻る